集合住宅・ビル

店舗設計

勝岳史建築設計事務所は、東京を中心とした関東一円で集合住宅・ビルの建設設計を承っております。お客様のイメージを大切にしながら、ご提案も加味してより良い建築物を目指すのが当社の方針です。打ち合わせを逐次行い、つねに意見のズレがないよう配慮しながら設計から工事監理、品質チェックまでを丁寧に手がけて参ります。

地域特性に合わせた最適プランをご提案

子育て世代が多い地域、単身者が多い地域、学生が多い地域など、それぞれの地域の特性に合わせて集合住宅・ビルの建築プランをご提案します。一部をご自身の住宅にし、残りのフロアを賃貸にすることも可能です。

さまざまな業種業態に対応

賃貸集合住宅・ビル経営で大切なこと

入居者の視点を持って設計する
集合住宅、ビルは、「建てれば入居者でいっぱいになる」というものではありません。たとえ立地が良くても、間取りや外装・内装に魅力がなかったり、防犯・防災設備に不安があったりすると空き室ができやすくなります。そうならないためには、「入居者が何を求めているか」の視点を持って設計することが必要です。当社は土地や地域の調査を行い、「入居者視点」を加味したアドバイス・ご提案を行います。

建物の維持費を念頭に設計をする
建物を建ててから、少なからず必ず修繕費用がかかります。建てた時は入居率が高くても、
時間が経つとともに、その維持を怠ると建物は劣化していき、入居率が低下している物件をみることが多々あります。当社では、管理者の視点でも維持費を考慮し、適正な仕様でご提案しております。

利回りをシミュレーションする
その土地ではどれくらいの大きさの建物を建てられて、家賃いくらの部屋がいくつできるのか。まずはそれを想定したうえで、利回りを計算します。10%ほどの空室があってもある程度の利益を出せるのが健全な利回りです。当社は土地代も含めたご予算についてのご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

管理会社について
賃貸物件の運営には、管理会社の存在が欠かせません。管理会社は、おもに次のような業務を大家に代わって行います。

当社は提携会社とのネットワークを活かし、管理会社のご紹介も行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム