工事監理

工事監理による厳密な施工

当社は建築工事の際、徹底した「工事監理」を行っています。工事監理とは、工事が設計図の通りに実施されているかを確認する作業のことです。

工事監理の一般的な内容

設計意図を施工者に正確に伝える
図面だけでは、設計の細かいニュアンスやこだわりたい部分を伝えきることは困難です。そこで、建築士が工事に立ち会って設計の意図をしっかりと伝えることで、イメージ通りの建築物に仕上げます。また、工事中にお客様が現場に行き、変更したいことが発生した場合も、建築士と工務店が迅速に連携することで柔軟に対応します。

工事が設計図の通りか、手抜きはないかなどを確認する
目に見えない部分の施工が省略されていないか、手を抜かれている部分はないかなどを建築士がチェックします。建築物の見た目だけでなく安全性にもかかわるので、特に重要な業務です。

工事の状況を建築主に報告する
工事の進捗などを逐一建築主に報告するほか、工事完了後は「工事監理報告書」を提出します。工事監理報告書には、工事中の設計変更や施工者に与えた注意、確認事項などを記入しています。

当社の建築体制

当社は建築設計事務所であり、施工部は所属していません。このため、個人住宅集合住宅・ビル福祉施設店舗など、すべての建築工事は建設会社・工務店に依頼して行っています。ご紹介可能な施工会社は複数あり、お客様のご要望やご予算、スケジュールなどに適合する施工会社を選択していただけます。

徹底した工事監理を行います

イメージ通りの建築物をつくるうえでも、安全性を確保するうえでも、工事監理は非常に重要です。勝岳史建築設計事務所は工事監理を徹底し、工事の際には「お客様・設計者の意図」「設計時に特に気をつけている点」「工事時における注意点」など連絡を密にするようにしています。外部に工事を委託しているからこそ、お客様の代理人として妥協なく工事監理することが可能なのです。

工事監理の流れ

1.基礎・躯体(鉄筋工事・コンクリート工事・鉄骨工事)
- 確認・検査事項 -
・鉄筋の太さや数量、施工状況
・コンクリートの品質や強度
・鉄骨製品検査等
2.躯体(木造の場合:木構造工事・構造金物工事)
- 確認・検査事項 -
・柱・梁などの木造部材の寸法・品質
・筋交い(骨組みの中に斜めに入れて強度を補強する木材)の位置
・構造金物の位置・取付状況
・役所の中間検査の立会いも行います
3.外壁(防水工事)
- 確認・検査事項 -
・屋根・外壁・サッシ廻りの防水
4.建具(外部サッシ工事)
- 確認・検査事項 -
・外部サッシの取り付け状況
・雨仕舞い(建築物内部に雨水を浸入させない板金などの仕組み)
・建具のぐらつき
5.内壁(断熱材工事)
- 確認・検査事項 -
・断熱材の仕様・取り付け状況
6.電気機器(スイッチ・コンセント工事)・換気設備
- 確認・検査事項 -
・スイッチ・コンセントの位置
・換気ダクトのルート、おさまり確認
7.外壁(外装材工事)
- 確認・検査事項 -
・瓦・レンガ・タイル・モルタル・漆喰など外装材の種類・品質
8.内装(内装下地工事)
- 確認・検査事項 -
・石膏ボードなど内装下地の施工状態
9.電気・設備(機器取付工事)
- 確認・検査事項 -
・照明やキッチンなど設備・機器の取り付け状況
・機器の作動状況
10.外装・内装(内外装仕上工事)
- 確認・検査事項 -
・外装・内装仕上げの傷や汚れ
11.設計完了検査
- 確認・検査事項 -
お客様とともに、仕上がりや機器の作動などに不具合がないかの最終確認を行います
不具合がある場合は、是正の指示をおこないます。
お問い合わせフォーム